萌えよドラゴン! なまらヨカくさ!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ライオンズ西口を追え! 〜イースタン現地観戦@西武第二

<<   作成日時 : 2015/09/23 07:20   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 7

レオのエースの最後の躍動を観に行って参りました。・゚(゚T◇T))゚・。
画像
画像
画像


節操の無い内容で続けている当ブログではありますが、西口投手については2005年以降の公式戦全登板をレビューし続けて参りました。




なんで西口投手をここまで本格的に応援しようと思ったかというキッカケですが、まずは2002年の日本シリーズまで遡ります。

それまでも三振をガンガン奪れる投手として、普通に好きではあったんですよ。

チーム最多勝の西口に対して、怪我で離脱していた松坂との心中策であの憎き読売に4タテを食らってしまった伝説のシリーズなワケですが、投げる投手全てがフルボッコだった中で、一人飄々と試合を作っていたのが西口さんだけだったという見事な仕事ぶり、何も言わずに黙々と”仕事をする”感にカッコよさを感じたもんです。

結果論ではありますが、世間的にも「やはり第一戦は西口で行くべきたった」と言われてましたもんね。
(苦手な東京ドームだったのと、DHじゃなかったとは言え)

背番号13番の地味なのに頼れる男ぶりに惚れたのが最初だった気がします。



そしてその翌2003年。それまで7年連続二桁勝利を続けていたのに、怪我の不調でたった1年間6勝で終わっただけで、松坂フィーバーと相俟って「西口はもう終わった」という、いわゆる「西武のエースは松坂か西口か論争」が起きたりしていたワケです。
(尚、松坂も前年怪我で6勝止まりなのに)

数字を比べても、実績でも全く遜色ないのに、マスコミ受けだけでこの理不尽な扱い・・・。
(思えばこの頃から不運なイメージはあったのかも知れませんが。)

それでもマイペースに黙々と投げ続け、結果怪我をしながらも二桁勝利達成するという見事な”仕事ぶり”に完全に惚れたワケです。



世の中が松坂、松坂ともてはやして騒ぐのはいいぞと。

じゃぁ、せめて自分くらいは西口さんをガンガン応援しよう(゚∀゚)!!


・・・そんな理由で、ちょうどブログが流行り始めだった事もあって、勝手に応援レビューを始めたのが2005年の開幕だったというワケです。

そんな年にあんな事こんな事をしていただけるだなんて・・・(^^;




ドップリ応援し始めたところ、どんどん魅力にハマっていくわけです。



見栄もポーズもなく、”しっかり結果だけは残す”ところが同じ男から見ていてもとにかくカッコよくて、そこに表裏一体となっている”ゆる〜いポカ”があって憎めないところ。
(だから勝ち星に対して防御率が相反するんですけどね!!)

普段はぐうたら寝ていても、いざという時にはバッサリ三振で斬れる真の実力があるところ。

・・・そんな、見ていて常にハラハラドキドキするのに、必ずハッピーエンドで終わる映画みたいな魅力があるのがとにかく大好きだったんですよ。



そして毎試合投球内容をチェックしていると、いろいろなものが見えてきて非常に面白くなるワケです。

フライアウトが多い投手なので、ソロ被弾がある日の方が意外と調子がいいとか、伝家の宝刀スライダーとアメリカ仕込みのチェンジアップのイメージが強いが、晩年は実はフォークの切れ味がすごいとか、ファウルでカウントを稼いでからのボール球三振が奪れるようになると後半無敵モードになるとか・・・。

もう、完全に西口マニアですね(^^;



そんなかんやで11年間、同世代の西口投手の活躍に一喜一憂しながら元気をもらって生きてきました。

いろいろな思いを秘めながら、最後かも知れない背番号13の投球を見に行って、目に焼き付けよう!!


・・・そんな事を考えていた前日深夜。

フラっとTwitterを見ていましたら・・・



 「前日からシート貼りしてる」

 「徹夜組がいる」

 「第二の広さだと入場規制かかるかも」



おいおい!ちょっと待て!!

アカンやん(゚∀゚)!!




・・・思い立ったらすぐ行動。

車を飛ばして所沢へGo!!



で、朝6時過ぎに到着してみましたよ。
画像


さすがに人の気配はほとんど無し ε-(´∀`*)ホッ
画像

なんか無駄な事をしてしまった感もありますが、後悔はしたくありませんからね!

第二球場の階段を登ると、もう20組くらいはゲート前に陣取っておりました。
画像

ああよかった。コレで確実に観戦できるや。



問題は、ここから6時間の待ち時間の過ごし方ですよ。

前日昼間からずっとNetflixにハマってしまい、続きモノの海外ドラマを連続で12時間くらい観てしまい、軽く30時間近く寝てない状態でのウェイティング。

・・・ええ、もう地べたで寝るしかないですね〜 _(゚;ё;゚;` 」 ∠)_



しかし、皆さん集まるのが早い早い。

9時前には行列は第二の階段まで達してましたもんね・・・。

そして結果的にはB駐車場までものすごい行列が(((( ;゚д゚)))アワワワワ



それでも入場を試合開始30分前といういつも通りの対応を取ったり、行列整理を一切しない球団のホスピタリティの無さにグッタリでございますよ・・・。



無法地帯と化した入口付近は殺気を伴ったまま、ゲートオープン。

並んでもいないマナーの悪いファン(ファンと呼びたくない)が割り込みまくりで乱入(怒)

さばけない警備員のおかげでベストポジション確保できず・・・_| ̄|○

6時間並んだ割に成果の無さに涙 (TДT)



でも、ブルペン横でしっかり西口さんの投球フォームを焼きつけて参りました。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ここまで目の前でピッチングを見たのは初めてです。

この期に及んで感動してみたり。



こちらは何か話かけてニヤニヤする潮崎監督。
画像



1番で先発出場だったヒチョリ。
画像

相変わらず眩しいぜ!



二軍戦だからと言って観戦用に作られていないという残念な球場ではありますが、観づらい中、しっかり最後の投球を見て参りました。
画像


バックスクリーン横でも誰か見てるな〜、と思ってたんですが、岸たちだったみたいですね。
画像

ちょうどオフだったのでしょうが、愛されてますよねぇ。 粋だなぁ、後輩君たち(T0T)

岸といえば入団前から西口さんに憧れていた事で有名ですしね。
(そういえば高橋光成くんも西口さんのファンで、グラブおねだりしたって言ってましたね。)



隣の西武ドームで同じ時間に1軍の試合が行われているコントラストがなんとなく惨めな気もしましたが、1球ストライクが入るだけで大拍手、1アウト取るだけで大歓声。
画像

球場全体を包む温かい雰囲気も相俟って、泣きそうになっていた事はナイショです。



やる気のカケラさえ見えないイニング間の投球練習。

躍動感あるタコ踊りフォーム。

帽子を直すクセ。

ピンチを招いてもポーカーフェイス。

意外とマメにロージンを触る仕草。

そして代名詞でもある奪三振。

マウンドからベンチにめんどくさそうにペタペタ歩く姿。



「もっとずっと観ていたい」




そんなファン心を知ってかしらずか、西口さんたら相変わらずのマイペースでして、3回でサクっと終了(笑)
画像
画像

「おつかれさーん」的な感じで爽やかに帰っちゃいましたwww。
(終了後にヒーローインタビューがあったみたいですが)



しかし、第二球場のフィーバーぶりはスゴかったです。
画像

球団側に、もうちょっと配慮のある有終の美をお願いしたいなと思った次第でございます。

まぁ西口さんらしいと言えばそうなのかも知れませんが・・・。



そんなかんやで、一時代を築いた大エースの個人的なお見送りは完了しました。
(個人的に、レジェンドという呼び方は好きではない)

なんだか心にポッカリ穴があいた気がします(TДT)



西口投手、今まで感動をありがとうございました。



この拙いブログ記事を11年間読んでいただいた西武ファン、西口投手ファンの方もありがとうございました。




=============

■西武・西口がラスト登板?「三振で終われたのでよかった」

(イースタン・リーグ、西武−楽天、22日、西武第2)今季限りでの引退を表明した西武・西口文也投手(42)が先発し、3回1失点だった。

二回、片山、伊東の連打と大坂谷への死球で一死満塁のピンチを招き、榎本の左犠飛で1点を先制されたが、続く下妻は内角直球でバットをへし折り遊飛に打ち取った。

三回二死三塁のピンチで4番・中川を外角高めの直球で見逃し三振に仕留めマウンドを降りた。

観客席がなく、立ち見の球場にはファンが殺到し西口は「まさかこんなに多くの人に見に来て頂けるとは思わなかった。気持ちよかった。本当にうれしかった」と感謝。

投球内容について「まずまずじゃないですか。もう満足です。最後きれいに三振も取ったし、(右手中指に)マメができそうだったので、やめておこうと思った。三振で終われたのでよかったです」と振り返った。

今後については「もう投げないです。無理です。(1軍は)クライマックスの兼ね合いもあるので、投げられるかどうかわからないので。最後になるかもしれないという気持ちで投げました。競っている中で、こっちのわがままを言うわけにもいかないので」と語った。2軍戦はあと5試合残されており、27日のロッテ戦(ロッテ浦和)が最終戦だが、この試合がラスト登板になる可能性もある。
(サンスポ)



■今季限りの西武・西口が二軍戦先発 3回1失点も「もう満足です」

今季限りで現役を引退する西武・西口文也投手(42)が22日、イースタンリーグ・楽天戦(西武第二)に先発登板し、3回打者13人に48球を投げて3安打1失点だった。

これが“ラスト登板”になるかもしれないレジェンドの二軍戦登板には早くから大勢のファンが集結。その勇姿を目に焼き付けようと、普段は閑散としている内野のフェンス沿い通路に六重、七重の人垣ができた。

詰め掛けたファンの大声援に両手を挙げて応えた西口は、初回から躍動感溢れるフォームから力強いストレートを投げ込み三者凡退でスタート。1ストライクごとにわき上がる大きな拍手が、21年間ライオンズ一筋を貫いた右腕への感謝そのものだった。

2回に一死満塁とされ、8番・榎本の左邪犠飛で1点を失ったが、3回、二死三塁のピンチでは4番・中川を渾身の外角高めストレートで見逃し三振で抑え、この日一番の拍手を受けてベンチへ下がった。西口は右手中指にできかけたマメの影響でこのまま降板。一軍での引退登板はチームがロッテと激しいCS進出争いをしているため未定で、これが現役ラスト登板の可能性がある。

西口は「まさかこんなに多くの人が見に来てくれるとは思わなかった。うれしかったし、気持ちよかったです。もう満足です。最後、キレイに三振も取ったし、中指にマメができそうだったのでやめときました。一応、5回までは投げるつもりでいたんですが(回の)途中で降板して迷惑をかけてもいけないんで。多くの人に見に来てもらえた中で気持ちよく投げられてよかった」と区切りの登板を振り返った。
(東スポ)



■西武西口2軍戦登板にファン殺到「まさかこんなに」

今季限りでの引退を表明している西武西口文也投手(42)が、楽天との2軍戦に先発した。

3回を投げて3安打1失点。4回からは2番手小石にマウンドを譲った。3回2死三塁から楽天中川を外角直球で見逃し三振に打ち取ると、満員の球場からは大きな拍手が湧き起こった。

「まさかこんなに多くの人が見に来てくれるとは。気持ちよかったです。ありがとうございます」とファンに感謝した。
(ニッカン)



■【西武】西口、2軍戦に先発3回1失点「もう満足です」現役最後の登板可能性も

今季限りで現役を引退する西武の西口文也投手(42)が、21日のイースタン・楽天戦(西武第二)に先発。2回に犠飛で1点を許したが、3回3安打1失点にまとめた。

この日は現役最終登板になる可能性もあるだけに、西武第二には多数のファンが集結。大きな拍手に、西口は左手を振って応えた。3回2死三塁では中川から見逃し三振を奪い、「最後きれいに三振をとったし、もう満足です。こんなに多くの人に見に来てもらえるとは思わなかったので、うれしかったし、気持ち良かったです」と、すがすがしい表情を浮かべた。

西口は立正大から94年ドラフト3位で西武入団。10度の2ケタ勝利をマークしたほか、9回2死まで無安打無得点が2度、また9回まで完全投球ながら延長10回に快挙を逃すなど、悲運のエースとしても知られる。プロ通算21年間で435試合に登板し、182勝118敗、6セーブ、防御率3・73。球団は引退セレモニーを行う方向で調整している。
(報知)



■今季限りで引退の西口 ラスト登板?2軍戦で3回3安打1失点

今季限りで現役を引退する西武・西口文也投手(42)が22日、イースタン・リーグ、楽天戦(西武第2)に先発。3回3安打1失点で2軍戦ラスト登板を終えた。28日のロッテ戦(西武プリンス)でセレモニーが予定されているが、CS出場を争う相手との直接対決とあり、メモリアル登板がかなうかは不透明。この日の2軍戦が「ラスト登板」となる可能性もある。

初回は3者凡退。2回、連打と死球で1死満塁とされ、8番・榎本の左犠飛で1点を失ったが、続く9番・下妻は内角ストレートでバットをへし折り、遊飛。ピンチを切り抜けた。

3回、最後の打者は4番・中川。外角高めのストレートで見逃し三振を奪った。

西口は94年ドラフト3位で立正大から西武に入団。切れ味抜群のスライダーを武器に96年から7年連続2桁勝利を挙げ、5度の開幕投手を務めた。97年には15勝を挙げ、最多勝、沢村賞、MVP、最多奪三振、最高勝率のタイトルを獲得。西武一筋21年、通算182勝で名球会入りには届かなかったが、3度にわたる「幻のノーヒットノーラン」で野球ファンの記憶にその名を刻んだ。13、14年は1軍で未勝利に終わり、今季も1軍登板は1試合のみだった。通算成績は435試合で182勝118敗6セーブ、防御率3・73。
(スポニチ)



■引退を表明した西武・西口が二軍戦に先発「今日はこんなもんでしょう!」

今季限りで現役引退することを表明した西武の西口文也が22日、西武第2球場で行われた楽天との二軍戦に先発した。

西武第2球場には西口を目当てに、ファンが殺到。二軍戦とは思えない雰囲気の中、西口は先発のマウンドに上がる。両チーム無得点で迎えた2回、西口は連打と死球で一死満塁のピンチを招くと、榎本葵に犠飛を打たれ先制を許す。続く3回は二死三塁と得点圏に走者を背負うも、4番の中川大志を見逃し三振に仕留め、この回でマウンドを降りた。

試合後、ヒーローインタビューが行われ西口は「今日はこんなもんでしょう!いつも通りです。想像していたよりも多くのファンの皆さんに応援をしてもらったので、僕は幸せです。ありがとうございます!」とファンに感謝した。

一軍は4位ロッテとクライマックス・シリーズ進出圏の3位を争っている。そのため、西口の引退試合が行われるかは微妙なところ。通算182勝を挙げた右腕は、この日がラスト登板になってしまう可能性がある。
(ベースボールキング)



■西武・西口2軍登板にファン2002人

「イースタン、西武3−1楽天」(22日、西武第二球場)

今季限りで現役を引退する西武の西口文也投手(42)が22日、イースタン・楽天戦に先発した。2002人のファンが詰めかける中での投球に、「これで最後かもしれないと思って投げた。こんなに多くの人に応援してもらいぼくは幸せ者。満足です」とうなずいた。

3回を被安打3の1失点。2死三塁のピンチで中川を見逃し三振に切って取ったのは最速140キロの直球だった。「きれいに三振も取ったし、よかった。(右手中指に)マメができそうだったので(3回で)やめておこうと」。

球団は28日の本拠地最終戦で開催予定の引退セレモニーに向けて、1軍昇格を検討している。当日はCS出場を争う4位ロッテが相手ながら、状況次第ではラスト登板する可能性もありそうだ。
(デイリー)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
記者会見、ほぼノーカット版。
https://www.youtube.com/watch?t=542&v=5dRxa8ENjRY
萌えドラ
2015/09/23 18:51
いつかこの日が来るということは分かっておりましたが、本当にさみしいです。

登板は当日朝に知りました。11時前には着いたのですが、第2では見たことのない行列。分かっていればもっと早く家を出たのですが。
いつもと違って投球を落ち着いてみることは出来ませんでしたが、同じ時間を共有することができて幸せでした。仕事がなければ最後まで居たかったのですが、仕事のため5回で帰宅。インタビュー聞きたかったなぁ。

あと28日がラストなんですね。さみしいです。
西口さんありがとうございました。
萌えドラさんも長い間お疲れ様でした。
わと
2015/09/24 18:54
見ながら、けっこうリアルに泣きそうになりましたよ〜(T_T)

28日、なんとか1軍登板をかなえてあげて欲しいですよね。
ご本人も最後に一軍で投げたいってインタビューで言われてましたし・・・。

しかし、なんだかいろいろ勝手に球団不信になってしまいましたよ。
生まれも育ちも西武鉄道沿線で、根っからのファンだったんですが。
萌えドラ
2015/09/25 00:33
正直私もライオンズが嫌いになりそうです。
結局、球団に200勝させる気がないということ。
本部長から変えてほしい。

でも、きっと西口さんはそういうことは望んでないでしょうから
わと
2015/09/25 20:03
多分西口さん本人は気にされていないのかもですが、先日のイースタンの入場時のトラブルについてメールで問い合わせをした回答が↓だったもんで。


「西武第二球場の入場に際しまして貴重なご指摘をいただき大変ありがとうございます。
西武第二球場は、ご指摘のとおり施設面では他の球場のように整っていないため、無料でご自由にご観戦いただくということを前提にご入場いただいておりますので、最少人数で運営しております。
西口投手の登板については、非公表としてきておりましたので、まずもって今回のような混雑は想定しておりませんでした。
当然、当日のご来場者の多さに緊急で係員の人数を増員しましたが、至らぬところがあり皆様にご迷惑をおかけしましたことに対してお詫び申し上げます。
萌えドラ
2015/09/27 23:03
初めまして!
私も西口さんのファンだったんですが、1年以上前のこの記事を見つけて思わずコメントしてしまいました。

西口さんの本にもありましたけど、本人もまだやる気だったみたいですね・・・
2015年唯一の先発登板だった巨人戦は生で見ていたんですが、まだいけそうでしたし、引退に納得いかなかったことを思い出してしまいました^^;

今年はコーチとして頑張ってますね。
選手としての西口さんを応援してたからには、コーチになった西口さんも応援していくつもりです!

他の西口さん記事も見せていただきますね。
うえぽん
2017/03/01 23:07
コメントありがとうございます!
今年も先発が薄そうなので、現役を続けられていれば、、、などと妄想しております(笑)
高知までキャンプ見学行きたかったですが、仕事でバタバタしているうちにおわってしまいました^_^;
萌えドラ
2017/03/04 12:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
ライオンズ西口を追え! 〜イースタン現地観戦@西武第二 萌えよドラゴン! なまらヨカくさ!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる