お前のルーツを晒せ!なバトン ~コロナ連休特別企画

Facebookの、”コロナでどうせヒマでしょバトン”で、「自分に影響を与えたアルバム10枚を10日連続でアップする」・・・というものが回って来ました。

しかしとうてい10枚に絞る事もできないので、ヒマつぶしに自分の音楽的ルーツを棚卸ししてみる事にしてみました!!

ちょっと長くなってしまいましたもんで、音楽に興味がない方はスルーしてくだされ!!



【幼少期編】

・松山千春「起承転結2」

幼少期に親が持っていた数少ないレコードでして、幼心ながらに、切ない感情のこもった歌が染みてましたね~。

この曲がよくかかっていたのは、今思えば父親も北海道から東京に出て来てたからですかねぇ・・・。

その後特にフォークに傾倒する事はなかったんですが、いまだにたまに聴いてます。

あ、長い夜も収録されてました!!



・オフコース「YES-YES-YES」

どうしてもジャケットが思い出せないので、収録曲から推測!多分ベスト盤だったと思います。

歌詞の意味なんてこれっぽっちも理解してませんでしたが、とにかくメロディーが美しいので、今も影響を受けてるかも知れません。



・ポールモーリア「PENELOPE」

何故かイージーリスニングのこれ1枚だけが浮いた存在で家にあったんですよ。

当時は知る由もありませんでしたが、当時売れていたロックやポップスをアレンジしていたものもしこたま含まれているアルバムでした。
コンドルは飛んでいくや、イエローリバーなど。ちなみにジョージ・ハリソンのマイ・スウィート・ロードも収録されており、ワタシ的なビートルズとの出会いはこのレコードかポンキッキか、どっちが先か微妙なところです!

尚、当時大好きでしこたま聴いていた曲の元ネタはベンチャーズでございました。

未だに原曲知らない・・・

ベスト盤が安いので癒されたい時にオススメです
 ↓↓↓
ポール・モーリア 全集 CD2枚組 SET-1005-JP - ポール・モーリア
ポール・モーリア 全集 CD2枚組 SET-1005-JP - ポール・モーリア



【小学生編】

・杉山清貴&オメガトライブ「Another Summer」
・杉山清貴「beyond...」
・1986オメガトライブ「Crystal Night」
・カルロストシキ&オメガトライブ「Be Yourself」

小学生の頃、友人の兄から勧められたのが「杉山清貴&オメガトライブ」で、その流れでさらに好きだったのが「1986オメガトライブ」~「カルロストシキ&オメガトライブ」のサウンドでした。

当時はぜんぜん知識もないから気付かなかったですけど、今聴くと完全に洋楽に傾倒してるのがわかります。
詳しくは、かなり昔に当ブログでちょろっと書いてますので、興味がありましたらお読みください!

カルロストシキ&オメガトライブ について

杉山清貴 について

杉山清貴は数年前にLIVEに参戦してますし、カルロスは超久しぶりの来日に気づかずチケット完売でした(T_T)

お気に入りの1曲をどうぞ!




・稲垣潤一「for my DEAREST」

カルロストシキからの流れからか、一時期えらくハマってましたね~。
やはりポップでメロディがよいものが好きですな!!

今聴くと、歌詞に時代を感じてちょっと恥ずかしくなるけど、大好きな曲です。


最近は、カバーアルバムなんぞでひと儲けしている模様ですw

このベスト盤は最強です。
 ↓↓↓
30周年記念ベスト~テーマ・ソングス~ - 稲垣潤一, 稲垣潤一&小柳ゆき, 稲垣潤一&辛島美登里, さがらよしあき, 秋元康, 稲垣潤一, 売野雅勇, 湯川れい子, 安井かずみ, 松本隆, 山田ひろし, 山田奈奈
30周年記念ベスト~テーマ・ソングス~ - 稲垣潤一



・うしろゆび指され組~おニャン子クラブ全般

「ハイスクール奇面組」マニアだったもので、そこから入っておニャン子全般が好きでございましたw

かしことか渚の「・・・」とか、めっちゃ大好きやねん!
 ↓↓↓
「ハイスクール!奇面組」テーマソング組+(プラス) - TVサントラ, うしろゆびさされ組, うしろ髪ひかれ隊, 息っ子クラブ, おニャン子クラブ
「ハイスクール!奇面組」テーマソング組+(プラス) - TVサントラ, うしろゆびさされ組, うしろ髪ひかれ隊, 息っ子クラブ, おニャン子クラブ


あとはマクロス好きだったんで、飯島真理は死ぬほど聴いてましたw

アメリカに渡った後のアルバムで、TOTOのメンバーがバックバンドやってた時にはおったまげました!!



・サウンドトラック「トップガン」
・サウンドトラック「オーバーザトップ」

従姉から借りた映画のサントラアルバムが、後の人生を狂わせるほどの音楽との出会いとなります。
ちょうど映画のサントラに売れっ子アーティストを起用する流れが続いていた時代だったと記憶してますが、このアルバムにチープ・トリックが参加していたのが、洋楽カブレになったキッカケです。

映画は見たことないけど、サントラが好き・・・というのはこの頃から今に続きますw

当時小学生だったんですが、何が刺さったんだろ??

そして今でもアルバムが出るたびに買い続けるくらい大好きであります。

2年前の武道館公演が中止になった時には、かなりガッカリしましたよ~

なかなかおトクなベスト盤はこちら
 ↓↓↓
グレイテスト・ヒッツ-ジャパニーズ・シングル・コレクション-(DVD付) - チープ・トリック
グレイテスト・ヒッツ-ジャパニーズ・シングル・コレクション-(DVD付) - チープ・トリック



【中学生編】

・東京佼成ウインドオーケストラ「ニューサウンズインブラス」シリーズ

中学からは、厳しめの吹奏楽部に入っていたので、しばらく邦楽から離れておりました。
クラシックも好きですが、とにかくポップスステージ用の曲が大好きで、小遣いをためてはせっせと音源を仕入れておりました!

ちなみにこういった曲は、のちのプログレ熱にも通じる要素があり、完全に自分のルーツだと思っております。




・ジャーマンブラス「ジャーマンブラスと世界旅行」

トロンボーンを吹いていたので、ジャーマンブラスという金管ユニットの来日公演チケットをいただけた時にコンサートに行って、一発でファンになってしまいました。
基本的に目立てないトロンボーンがこんなに目立っていいんだ、とw

そしてそこで初めて”意識した”ビートルズと交差します。

ジャーマンブラスの音源が見つからなかったので、カナディアンブラス版でお送りします。

そもそもビートルズを深く知らないまっさらな状態で聴いた、「ペニーレーン」の美しいメロディったらもう・・・。

今みたいにネットで拾うなんてできない時代ですから、土下座して頼み込んで親にCD買ってもらった記憶があります(^^;

中学生だったこの頃から、徐々にビートルマニアとしての道を歩み始めます。



・The SQUARE「R・E・S・O・R・T」
・MALTA「High Pressure」

吹奏楽部繋がりの流れで、当然フュージョン系にもハマりはじめます。
先に書きました、ニューサウンズの原曲にカシオペアやスクエアが多かったですからね!

圧倒的に好きなのがコレと宝島です!!

ちなみに、この時のライブ会場にワタシいました!!

尚、MALTAはサックス吹きから強制的に聴かされてるうちに洗脳されてハマりました(^^;



・The Beatles「Revolver」・「Abbey Road」

1枚に絞れなかった!!中期と後期から1枚ずつ!!

チープトリックのルーツと言われているビートルズへと遡るのは必然かと思われますが、よくよく考えるとそこにジャーマンブラスが絡んでいたり、ポンキッキが絡んでいたり。うーむ。


ジョージ・ハリソンの貴重なソロ来日ライブに行けたのは奇跡だと思うし、その後のポールの来日も全部行ってるし、とにかく好きすぎますわ。

とにかくビートルズについてはサウンド研究なんかも含めてズブズブ大好きでございます。
ジョージが日本公演の時にメインで弾いていたテレキャスターが、ロイ・ブキャナンモデルだという事を知らずに、フェンダー・ジャパンの62年バインディングモデルを購入して改良しましたが、結果的にはモドキになってしまったというのはいい思い出です。

詳しくは下記のリンクにも書いております!

ジョージ・ハリソン について過去記事

ポール・マッカートニー について過去記事



・Debbie Gibson「Electric Youth」

中学の英語教師が授業中にかけていた影響でハマりました。
当時カセットテープが擦り切れるまで聴きました!いまだに女性ボーカルものの物差しになっているかも知れません。

ちょうどこの頃、ティファニーとこの人で、女性最年少1位とかの記録になって、バカ売れしてた気がします。

若くして作曲の才能が開きすぎたからか、その後一気に売れなくなりましたが、7~8年前に日本のポップスを英語カバーしたアルバムでひと儲けしていましたっけw

今でもよく聴いてます。
 ↓↓↓
グレイテスト・ヒッツ<ヨウガクベスト1300 SHM-CD> - デビー・ギブソン
グレイテスト・ヒッツ ヨウガクベスト デビー・ギブソン



【高校生編】

このあたりからはバイトで小遣いが激増していたので、一気に世界が広がりましたんで、説明も大雑把になりますw

・Rod Stewart「Vagabond Heart」
・Bryan Adams「Cuts Like A Knife」
・POLICE「Synchronicity」
・Chicago「Chicago Ⅸ」
・The Doobie Brothers「The Captain and Me」
・Elvis Costello「Spike」
・John Mellencamp「Dance Naked」
・Duran Duran「Rio」
・Bangles「Greatest Hits」

英語の成績が悪かったもんで、母の知人の帰国子女の方のところに個人的にチョロチョロっと習いに行ってたんですが、その方が筋金入りの洋楽ヲタクでございまして、ここで完全に人生が斜めヨコにブレましたねw

勉強そっちのけでとにかくCDを聴きまくってました!!

その方が仕事の都合で数ヵ月海外に滞在している間は、「ポストの新聞を整理しに行く」という重要ミッションのもと合鍵を預けられておりましたので、ちょいちょい行っては数時間洋楽を聴き続ける生活でしたw
(もちろん成績はさらに低下する)

そんな中で出会ったロッド・スチュワートは、今でもヴォーカリストとしてナンバーワンだと思っております。

この独特な声と表現力はスゴイ。日本人ぜったいマネできない!!
そしてどんな名曲をカバーしても、ロッド風に聴こえてしまうところがこれまたスゴいの!


シカゴなんて、生ブラスがバンバン入っているから、すぐ好きになりましたもんね~



デュランデュランは見た目的に色モノのアイドル風かと思いきや、演奏がなかなかエグい!このフレットレスベースには撃ち抜かれた!

オリジナルメンバー再結成時の武道館ライブは感動しました!!

尚、バンド名の元ネタになったというB級SF映画も気になったので、後からDVDを購入してしまうくらいのファンです。


日本で言うところのプリンセス・プリンセスみたいな立ち位置かと思うんですが、ロックナンバーはカッコイイし、ポップなメロディーが最高だし、スザンナの声がカワイイし。

ちなみにこの曲を提供したのがプリンスである事は有名な話。


尚、かの有名なクイーンは第一印象が悪く、なんか毛嫌いしてましたもんで、結局社会人になるまでは食わず嫌いでしたねぇ。

そして今でこそ超大好物なレッド・ツェッペリンも、実は30歳過ぎてからズブズブとハマりましたw
この頃は有名曲をつまみ食いする程度でした。


そしてこの頃、日本では空前のバンドブームが訪れてましたが、実はリアルタイムでぜんぜん聴いてないw

ワタシだけ完全に70~80年代にワープしてましたもんね・・・。

BOOWYだとかユニコーンだとかは、それぞれ氷室京介や奥田民生がソロになってからの後追いでございます。

大ブームだったX Japanも通過してませんでした(^^;

あ、TMネットワークはけっこう聴いてたな。キャロル最高。



【大学生編】

・YES「TALK」
・RUSH「Hold Your Fire」
・EL&P「Pictures At An Exhibition」
・Dream Theater「A Change of Seasons」

大学時代は変態音楽友達の影響で、プログレ方面にズブズブとw
普通のロック男子が通りがちな、メタルとかハードロックはほぼ経由しないで、そのまま変態ゾーンに着地しております!

プログレの系統としては、大作モノは大好物ですが、陰鬱な中にも陽の要素があるものが好きです。

変拍子と、飛び道具的なコード進行大好き☆


イエスとラッシュと後期ジェネシスは全般的に大好物ですが、ピンクフロイドは受け入れるのに時間がかかったw


コレ、歌が始まるまで聴いてアタマおかしくならなければ、プログレッシャーの素質ありますw

EL&Pなんかはクラシック入ってるから、けっこうスンナリ行けたんですが、あのリズム感はちょっとねw
今はSpock's BeardとPorcupine TreeとIt Bitesがイチオシでございます。

日本人では桜庭統にハマってました。四人囃子とかも好きだけど、この方の曲調がなにかと肌に合うのです。


曲を提供していたゲームミュージックにまで手を出して追っかけてました・・・。




この頃は、そのアーティストが影響を受けたアーティストに、、、と、とにかく多方面に守備範囲を広げまくっておりました。
ストレートなハードロックに浸り始めたのもこの頃でした。

・Van Halen「Balance」
・Mr.BIG「Big, Bigger, Biggest! 」
・Vince Neil「Exposed」
・Blue Murder「Blue Murder」

池袋WAVEでウロウロしている時に、Now Playingでかかっていて気に入り即購入!

ちなみにモトリークルーを経由せずに辿り着いてますw
セオリーじゃなくて、直観で入る事が多かったかな。

しかしホント、スティーブ・スティーブンスはいい仕事する。


こういうの聴いてると、ほんとレスポールってかっこいいなと思う。



余談ですが、コミックソング系のレコードコレクターを志していた事もあったりで、中古レコード屋でちょいちょいヘンなものを仕入れては一人でウヒョウヒョ言っておりました。

つボイノリオ大先生の放送禁止曲が満載のLP(初回限定盤)を探しまくっており、音楽雑誌の広告欄にひっそり載っているのを見つけて、電話予約して買いに行ったのが、今住んでいる蒲田にあった中古レコード屋という思い出がw


ゲスの極みですが、今聴いても腹かかえて笑えます。つか、このジャケからしてナメてるw
 ↓↓↓
つボイノリオ ゴールデン☆ベスト - つボイノリオ
つボイノリオ ゴールデン☆ベスト - つボイノリオ


尚、この頃から邦楽もちょいちょい聴くようになってまして、プログレでシンセなんかをよく聴くようになったからか、その頃からエレポップ寄りの曲を嗜むようになっております。
AccessとかIcemanとかPSY・SとかScudelia Electroなどなど。




【最近】

最近だとハードロックとエレポップが見事に融合されたGacharic Spinが大好物でございw

メンバー編成がコロコロ変わってるけど、入門的にはコチラから。
 ↓↓↓
ガチャっ10BEST【入門編】(CD) - Gacharic Spin
ガチャっ10BEST【入門編】(CD) - Gacharic Spin

もはやルーツ談じゃないけど、書かずにはいられないw。



あとは東京に戻って来た頃からだから、ここ6年くらいはツェッペリンのダーク系な曲が大好物すぎて困る。


ぜひ後期のものを聴いていただきたい!
 ↓↓↓
Presense[Deluxe CD Edition] - Led Zeppelin
Presense[Deluxe CD Edition] - Led Zeppelin



そして第三次(くらい)フュージョン熱が高まっておりまして、聴きやすいところをアップしときますんで、聴いてみてよね。

本田雅人


カシオペア


The Thrill


KORE-CHANz


川口千里


ちなみに、川口千里ちゃんは、中学生の頃から目をつけておりまして(言い方がやらしいな・・・)、今や世界のトップミュージシャンと組んでいる姿に感無量でございます。


最近では、カシオペアのキーボード大高清美とのユニットがイチオシです。
 ↓↓↓
Drumatica - KIYO*SEN            
Drumatica - KIYO*SEN




・・・連休中に家でひきこもって、こんな懐かしい音源漁って聴いてたら、なんだかんだ時間が潰れましたわ(^^;

ちなみにCDラックはこれで2/3くらいなんですが、いい感じで充実しておりまーす!!(自己満足)
20200506cd.JPG
ジャケットも含めて楽しみたいので、オンラインダウンロードではあまり購入しない主義です。

引っ越しの時がかなり大変ですが、手放せません!!



というワケで、足掛け2日かかった大作となってしまいました・・・(゚∀゚)!!

うかつに最後まで読んじゃった方、まじでありがとうございます!!共感ポイントがありましたら、さらに嬉しいです。

マニアックな音楽が好きな方、ツイッタランドなんぞで絡んでくれたら喜びます(/・ω・)/

何かオススメあったら教えてください!!



以上!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック